INFOMATION

沱沱 / DADA Yasuko Sato 25 String Koto
more info

黒澤麻美 ソプラノ ロシア歌曲・オペラアリア集 Vol. 1
more info

ピアノ連弾ユニット"フランボワーズ"による
待望の2ndアルバム!
more info

輝く音に満ち溢れた2ndアルバムに寄せて
―進化し、深化し続ける瀬川裕美子の、作曲家との対話から生まれたバッハ―
more info

パリ在住の気鋭若手ピアニスト、安田英主による宝珠のリサイタル・アルバム。
芳醇な感性とシャープなタッチが古典思想のコンテクストを 押し広げ、現代の新しい風となって聴き手を魅了する。
more info

佐藤康子 沱沱 / DADA Yasuko Sato 25 String Koto
佐藤康子 沱沱 / DADA Yasuko Sato 25 String Koto KEIT-0005 2017.10.3 Release...続きを読む
黒澤 麻美 1st Album "黒澤麻美 ソプラノ ロシア歌曲・オペラアリア集 Vol. 1"
黒澤麻美 ソプラノ ロシア歌曲・オペラアリア集 Vol. 1 KEIT-0004 2017.6.15 Release...続きを読む
Piano Duo Framboise 2nd Album "Dahlia"
Dahlia KEIT-0003 2017.5.19 Release...続きを読む
瀬川 裕美子 2nd Album "GOLDBERG VARIATIONS BWV988"
GOLDBERG VARIATIONS BWV988 J.S.Bach KEIT-1502 2015.11.28 Release...続きを読む

NEW RELEASE

沱沱 / DADA Yasuko Sato 25 String Koto
佐藤康子

KEIT-0005 2017.10.3 Release

  • 1 沱沱(だだ)
  • 2 冀求(ききゅう)
  • 3 かげろひて
  • 4 眩暈(げんうん)
  • 5 2月の陽の中で
  • 6 嗟歎(さたん)
  • 7 無碍(むげ)
  • 8 秋の月
  • 9 月にたゆたう

佐藤康子

日本、アジアにとどまらず、ユーラシア大陸のおおらかさを感じさせる二十五絃箏。時代をもさらりと超えながら、奥深く繊細な響きが広がります。 佐藤康子 プロフィール

黒澤麻美 ソプラノ ロシア歌曲・オペラアリア集 Vol. 1
黒澤麻美

KEIT-0004 2017.6.15 Release

  • 1.夜 Op.44-1
  • 2.焼かれた手紙 Op.33-4
  • 3.教えて、何を枝の陰で Op.57-1
  • 4.真昼でも 夜の静けさの中でも Op.47-6
  • 5.語るな、我が友よ Op.6-2
  • 6.私は野の草ではなかったのか Op.47-7
  • 7.高みから吹く風もなく Op.43-2
  • 8.たなびき流れる雲はまばらに Op.42-3
  • 9.何を静かな夜の中で Op.40-3
  • 10.ニンフ Op.56-1
  • 11.真夏の夜の夢 Op.56-2
  • 12.そよ風 Op.34-4
  • 13.春の水 Op.14-11
  • 14.歌うな、美しい人よ Op.4-4
  • 15.何て苦しいのでしょう Op.21-12
  • 16.秋の葉が舞うとき Op.17-6
  • 17.春の月は霧の中に消えゆき Op.17-8
  • 18.歌劇「渡し場」より ナターシャのロマンス“恍惚とした日々は過ぎ去り”
  • 19.歌劇「イオランタ」より イオランタのアリオーゾ “なぜ私は知らなかったのかしら”
  • 20.歌劇「ルサルカ」より ルサルカのアリア “私は水に飛び込んだ時以来”

黒澤麻美

情熱と哀愁
ロシアの魅力を歌に込めて・・・
黒澤麻美 待望のファーストアルバム! 黒澤麻美 プロフィール

Dahlia
Piano Duo Framboise

KEIT-0003 2017.5.19 Release

  • 1-2 6つの小品 作品11 2. Scherzo / 6. Slava
  • 3-4 シンフォニエッタア 作品49 第2楽章 Larghetto / 第4楽章 Presto
  • 5 2つのロシアの主題によるコンチェルティーノ
  • 6 ARDEUR
  • 7 Dahlia

Piano Duo Framboise / ピアノデュオフランボワーズ

ピアノ連弾ユニット"フランボワーズ"による
待望の2ndアルバム!
遠藤 夏季と中川 彩によるピアノデュオユニットframboise。2015年6月結成。連弾、2台ピアノで東京、神奈川を中心に活動している。ジャンルを問わずクラシック、ポップスなど様々な音楽に取り組んでいる。
プライベートでも仲の良い2人でしか聴かせることのできない、息の合ったダイナミックかつ繊細で一体感のある演奏に注目!!
第17回大阪国際音楽コンクールにて最高位を受賞。2016年5月の初リサイタルにて1stアルバムを発売。 Piano Duo Framboise プロフィール

GOLDBERG VARIATIONS BWV988
J.S.Bach

KEIT-1502 2015.11.28 Release

  • 1.アリア
  • 2-31. 第1変奏~第30変奏
  • 32.アリア ダ・カーポ
  • 33.Toccatina ~ゴルトベルクの途すがら~ (Yumiko Segawa)

瀬川 裕美子 / Yumiko Segawa

輝く音に満ち溢れた2ndアルバムに寄せて
―進化し、深化し続ける瀬川裕美子の、作曲家との対話から生まれたバッハ―
ライナーノーツより ― 長井進之介(音楽ライター) Yumiko Segawa Profile

Les compositeurs - vécu en France -
― フランスで生きた作曲家たち ―

KEIT-1501 2015.9.23 Release

  • 1. グノシエンヌ 第1番
  • 2. 古風なメヌエット
  • 3. 亡き王女のためのパヴァーヌ
  • 4. 5つの若い娘たちの肖像 第1曲 “気まぐれな”
  • 5. 5つの若い娘たちの肖像 第2曲 “柔和な”
  • 6. 5つの若い娘たちの肖像 第3曲 “気取った”
  • 7. 5つの若い娘たちの肖像 第4曲 “物思いに耽った”
  • 8. 5つの若い娘たちの肖像 第5曲 “モダンな”
  • 9. スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 作品39
  • 10. ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 作品58 第1楽章 アレグロ・マエストーソ
  • 11. ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 作品58 第2楽章 モルト・ヴィヴァーチェ
  • 12. ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 作品58 第3楽章 ラルゴ
  • 13. ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 作品58 第4楽章 プレスト・ノン・タント
  • 14. ノクターン 第13番 ハ短調 作品48-1
  • 15. エチュード 変ト長調 作品10-5

安田 英主 / Hidekazu Yasuda

パリ在住の気鋭若手ピアニスト、安田英主による宝珠のリサ イタル・アルバム。 芳醇な感性とシャープなタッチが古典思想のコンテクストを 押し広げ、現代の新しい風となって聴き手を魅了する。 Hidekazu Yasuda Profile

佐藤康子 略歴

宮城県出身。東京大学法学部卒業。
'88年より生田流箏曲、地唄三絃を澤村正美氏、澤村松馨氏の両氏に師事。'05年より二十五絃箏を小宮瑞代氏に師事。歴史は現代の積み重ねであるという視点から伝統を見つめ、二十五絃箏を中心に演奏活動に取り組んでいる。'07年より毎年リサイタルを開催。スタジオKにおけるリサイタルを皮切りに'10年オペラシティ近江楽堂、'11年'12年音楽の友ホール、'13年明日館、'14年'15年求道会館、'16年音楽の友ホールにて開催。伊福部昭十年祭にて奉納演奏。 近年は作曲活動、教育現場での演奏にも力を入れている。
CD「伊福部昭二十五絃箏曲集(十年祭のための)」CD「Crossroads vol.1~箏曲を繋ぐ 高橋久美子× 野坂操壽」に参加。今秋初ソロCDリリース予定。
松の実會会員。生田会会員。
佐藤康子オフィシャルウェブサイト
http://satoyasuko-koto.com

黒澤麻美 略歴

東京音楽大学声楽演奏家コース卒業。同大学研究科オペラコース修了。ロシア極東芸術大学大学院を首席で修了。
全日本音楽コンクール高校の部東京大会第1位(東京、1995年)。ロシア青少年国際音楽コンクールグランプリ及び現代歌曲最優秀歌唱賞受賞(ウラジオストク、2002年)。ウクライナ国際音楽コンクール第1位(キエフ、2004年)。
大学院在学中、ロシア国立サラトフ歌劇場音楽祭に出演。ロシア国立ヤクーツク歌劇場にてリムスキー・コルサコフ「皇帝の花嫁」マルファ役でオペラデビューをし、同歌劇場チャイコフスキー記念音楽祭、特別公演ヴェルディー「レクイエム」、モーツアルト「レクイエム」の各ソリストを務める。ウラジオストク室内歌劇場にてチャイコフスキー「エフゲニー・オネーギン(ハイライト)」タチヤーナ役、ハガゴルチャン「耳帽子(おとぎ話犬と猫より) 主婦役で出演。その他、日本総領事館主催のコンサートやリサイタル(ウラジオストク、ナホトカ、マガダン)など、主にロシア沿海州を中心に活動する。
2006年拠点を日本へ移し、指揮/沼尻竜典&TMPショスタコーヴィチ「交響曲第14番(死者の歌)」、指揮/珠川秀夫 東京歌劇団 ショスタコーヴィチ 歌劇「ムチェンスク郡のマクベス夫人」女囚人役(原語指導兼)、大和証券Presents「西本智実サロン・ド・リュクス」、指揮/A.ラザレフ&日フィル チャイコフスキー「ロメオとジュリエット(二重唱)」などのロシア演目に出演。東京にて定期的にロシア歌曲&ロシアオペラアリアのリサイタルを開催している。
演奏活動の他、歌唱のためのロシア語の指導を各団体や演奏家、後進に行っている。
現在、東京音楽大学及び大学院講師。ロシア声楽曲研究会主宰。ウラジオストク青少年国際音楽コンクール声楽部門審査員。二期会会員。

安田英主 略歴

1989 年生まれ 宮崎県宮崎市出身。
3 歳よりヤマハ音楽教室にてピアノを学び、ヤマハマスタークラス(東京)へと進む。桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)より、桐朋学園ソリスト・ディプロマコースに入学。 その間、18 歳にてパリ国立高等音楽院( コンセルヴァトワール) に、審査員満場一致の首席合格を果たす。 同音楽院学士課程を、国家資格のディプロマを取得して修了。現在パリ在住。
ジャック・ルヴィエ、青柳晋、松村英臣の各氏に師事。
2002 年、「第6回ウラジミール・クライネフ青少年国際ピアノコンクール(ウクライナ)」ジュニア部門にてグランプリ受賞、およびクラシック作品最優秀演奏賞受賞。
2003 年、宮崎県学生栄誉賞受賞、宮崎市教育文化スポーツ賞受賞。
2004 年、「第9 回エトリンゲン国際青少年コンクール(ドイツ)」カテゴリーB(20 歳以下)に最年少(14 歳)で参加し、第3 位受賞。
2007 年、「第1 回横浜ピアノコンクール」にて、優秀賞、三宅ファミリー賞、ヤマハ賞受賞。
2008 年、新富町文化会館大ホール、宮崎オルブライトホールにて「安田英主ピアノリサイタル」を同年8 月に別々のプログラムで開催、この時の録音をCD として発売。
2009 年、パリ日本文化会館(フランス)において、パリ日本文化協会主催「日本の音楽の若き才能コンサート」に、推薦され出演。
2010 年、3 月大阪いずみホール、及び10 月ポーランドカトヴィツェ市にて、ミロスウァフ・ブウァシュチック指揮/ ポーランド・シレジア・フィルハーモニー管弦楽団と共演。
2011 年、津田ホール(東京)にて「安田英主ピアノリサイタル」を開催。この時の録音を2 枚目のCDとして2012 年8 月に発売。
2012 年、8 月東京FMホール(東京)にて「安田英主ピアノリサイタル」を開催。この時の生録音を3 枚目のCD として2013 年5 月に発売。
2013 年、5 月3 枚目のCD 発売記念プロモーションとしてタワーレコード渋谷店(東京)にてミニライヴ&サイン会を開催。
渋谷区文化総合センター大和田(東京)にて、ショパンコンクール公式オーケストラであるワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団のトップメンバーで構成された〈ワルシャ ワ・ストリング・カルテット〉との共演となる「安田英主とワルシャワ・ストリング・カルテットによる室内楽の夕べ」を開催。大阪ミニヨンホールにて「ショパンピアノ協奏 曲全曲演奏会(室内楽版)」を〈ルドヴィカ弦楽四重奏団〉との共演で開催。12 月、白寿ホール(東京)にて「安田英主ピアノリサイタル」を開催。この時の録音を4 枚目のCD と して2014 年7 月に発売。
2014 年4 月、三鷹市芸術文化センター風のホール(東京)にて、ボグダン・オレウンヅキ指揮/ポーランド・シレジア・フィルハーモニー管弦楽団と共演。 ヤマハ池袋店及びヤマハ銀座店( 共に東京) にてミニライヴ&サイン会を開催。8 月、白寿ホール(東京)にて「安田英主ピアノリサイタル」を開催。同月いずみホール(大阪)に て開催の「サマーミュージックフェスティバル大阪2014」に出演。11 月YOSHUHALL (大阪)にて「安田英主ピアノリサイタル」を開催。
2015 年8 月、戸塚区民文化センターさくらプラザホール(神奈川)、第15 回ブランチコンサートに出演。

瀬川裕美子 略歴

1986年東京生まれ。国立音楽大学附属幼稚園、小学校を経て中、高等学校へ進学。学内の演奏会に度々選抜され出演。また、所属していた中学校合唱部では羽田喜久代氏の指導、指揮のもと第67回NHK全国学校音楽コンクール全国コンクールで、金賞受賞。 2009年3月国立音楽大学を首席で卒業。武岡賞受賞、並 びに鍵盤楽器ソリストコースを最優秀で修了。卒業演奏 会、読売新人演奏会等に出演。また在学2年次、3年次に 最優秀にて岡田賞受賞。第27回日本ピアノコンクール特 級の部第1位、第7回ショパン国際ピアノコンクールIN ASIA大学生部門金賞及び審査員特別賞受賞。レインボ ウ21サントリーホールデビューコンサート2007「生誕 150周年エドワード・エルガー」で「エニグマ変奏曲 Op.36」(ピアノ独奏版)を演奏。卒業後、国立音大主催の 定期演奏会「音楽と身体」でモートン・フェルドマン「Why Patterns?」を舞踊家、田中泯氏と共演。アンサンブル奏者 としても、弦や管楽器のリサイタルでの共演、CD録音等 で演奏している。“FOODIES TV”(『食の練習曲』全30 本)ピアノ演奏収録。昨年12月、ボランティアグループ・マ ルディ主催のチャリティーコンサートにて三浦章宏氏と共 演。 2013年3月よりソロリサイタルを開始。スタインウェイサ ロン東京 松尾ホール(vol.1)、東京文化会館小ホール (vol.2、vol.4)、トッパンホール(vol.3)において、バッハか 瀬川 裕美子 らショパン、フランス近現代、邦人作品まで音楽史を踏まえ、様々な視点のプログラムで開催。リサイ タルVol.2 同日、デビューCDを発売する。これまでにピアノを武地朋子、橋本正子、渡邉玲子、加藤 一郎、渋谷淑子の各氏に師事。2011年にはニース夏期国際音楽アカデミーにミッシェロ・ベロフ氏 のクラスを受講、修了。和声学を黒川肇季氏に師事。伴奏法を静岡音楽館AOIにて2009年から 2014年にかけて、第4期,6期,8期「ピアニストのためのアンサンブル講座」受講生として野平一郎氏 に師事。指揮法を国立音楽大学在学時より夏田昌和氏に学び、卒業後は作曲等の手ほどきを受ける。日仏現代音楽協会会員。

略歴

Primo 遠藤 夏季 Natsuki Endo
1989年神奈川県生まれ。4歳よりピアノを始める。神奈川県立弥栄高等学校音楽コースピアノ専攻、東京音楽大学音楽学部器楽学科を卒業。在学中、ピアノソロだけでなく伴奏法、ピアノデュオ、ジャズピアノも学びライブ活動等も行う。これまでに、ピティナピアノコンペティショングランミューズYカテゴリー部門本選入選、同コンクール連弾上級部門本選入選、スガナミピアノコンクールファイナル入選、第17回大阪国際音楽コンクール連弾部門最高位受賞。卒業後、ピアノ講師を勤めながらピアノソロ、ピアノデュオ、伴奏、ライブサポート等幅広く演奏活動を行っている。これまでに、ピアノを樋口恵子、米田栄子、中澤朋子、ジャズピアノをリック・オヴァトンに師事。
Second 中川 彩 Nakagawa Aya
3歳よりピアノを始める。北鎌倉女子学園中学校音楽コース、同高等学校音楽科、フェリス女学院大学音楽学部演奏学科卒業。在学中、ピアノソロだけでなく室内楽、伴奏法、ピアノデュオも学び、学内選抜による演奏会に多数出演。第26回日本ピアノ教育連盟ピアノオーディションD部門全国大会入選、第17回大阪国際音楽コンクール連弾部門最高位受賞。フェリス女学院大学非常勤副手として5年間勤務し、現在はピアノ講師、バレエピアニストを務めながらソロ、伴奏、アンサンブルなど様々なジャンルで演奏活動を行っている。これまでに、ピアノを武谷和子、松本和代、久保浩、クリストフ・リースケ、菅野潤、室内楽を立神粧子、名倉淑子、堀由紀子の各氏に師事。

瀬川裕美子 略歴

〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-18-3 #503

Tel 03-4405-7478 / Fax 03-6369-4791

株式会社パブット
Pavut Acoustic / Music Office